専業主婦がキャッシングする方法

収入の無い専業主婦がキャッシングする方法は2通りあります。一つ目は総量規制の適用を受けない銀行カードローンを利用することです。銀行カードローンは消費者金融のように個人向けの融資で、メガバンクや地方銀行で受け付けています。給料振り込みを利用している銀行のカードローンに申し込むことで審査基準が緩くなる場合があります。新生銀行やオリックス銀行のカードローンは融資の際の利率や利便性の面で消費者金融に近いサービスを行っています。専業主婦が申し込む場合には配偶者の収入を証明する書類を提出します。銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いので、とりあえず申し込んでみるのも良いでしょう。

二つ目の方法は配偶者貸付制度に対応しているノンバンク系の金融会社を利用することです。配偶者貸付制度とは専業主婦と配偶者の借入を合算して年収の1/3を超えない範囲までならキャッシングを利用できるという制度です。利用可能な限度額は少なくなるかもしれませんが、収入が無い専業主婦でも銀行カードローン以外でも借入できる便利な制度です。ただし大手消費者金融で配偶者貸付制度に対応している会社はほとんどありません。現在のところ配偶者貸付制度に対応しているのは女性専用ローンを専門に取り扱っている金融会社と、一部の中堅消費者金融に限られます。配偶者貸付制度を利用して審査を申し込む場合は、住民票など婚姻関係の証明書・本人確認書類・配偶者の同意書・配偶者の収入証明書を提出する必要があります。

総量規制によって収入の無い専業主婦がキャッシングを利用しにくくなってしまったというのは事実ですが、利用する手段が無くなってしまった訳ではないのです。
キャッシングで即日借りれる【お急ぎの方必見】はこちら

コメントは受け付けていません。