借金返済の相続放棄と一部返済

親が亡くなった場合には、相続が発生します。
相続により相続人に引き継がれる財産は、土地や預金などの「プラスの財産」だけではありません。
生前に親が利用していた借金も「マイナスの財産」として相続の対象となります。

相続人の地位を辞退したい場合には「相続放棄」の手続きを行う必要があります。
「プラスの財産」と「マイナスの財産」を比較して負債が多い場合には、相続放棄を行うことにより借金の返済義務から逃れることも可能です。
相続放棄を行うには、相続の開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続を放棄する旨を申し立てることが必要です。

例えば相続人である子供が、亡くなった親の借金の一部を自分の手持ちから返済した場合には、残った借金は返済する義務があるのでしょうか。
この行為は「財産の処分行為」には当たらないという裁判所の判決が出ています(平成10年福岡高裁)。
「財産の処分行為」とは、遺産を売却、贈与、破損するなどの行為をいいます。
相続人がこの「財産の処分行為」を行った後には、相続放棄は認められません。

しかし親の借金の一部の返済は、この「財産の処分行為」に当たらないという見解です。
子供はすみやかに相続放棄の手続きを家庭裁判所に申し立てることにより、今後の借金の返済義務を免れることができます。
仮に、貸金業者などが「あのとき返済したのだから残りの借金も支払え!」といってきたとしても、そのような義務はありませんので、返済に応じる必要はありません。場合によっては債務整理するべきかもしれません。

コメントは受け付けていません。