モビットの支払日

キャッシングでお金を借りると翌月から返済が始まりますが、返済日についてはそれぞれのキャッシング会社に違いがあります。

消費者金融の「アイフル」とモビットを比べてみると、「アイフル」の場合、返済日は毎月一定日を返済日をして指定でき、返済日までの10日間が返済期間になります。
たとえば、返済日を25日を指定した場合、15日から25日の間に返済したお金はすべて当月25日の返済にあてられます。
返済を25日から翌月14日まで返済した場合は、すべて前月の繰上げ返済に充当されるので当月の25日には再度返済をする事になります。

モビットの場合少し変わっていて、約定返済日は毎月5日、15日、25日、月末の中から選ぶ事になります。
最初に約定返済日を5日に設定したとすると、当月の1日から19日の間に借入をした場合は翌月の5日返済になり、当月の20日から末日までに借入をすると翌々月の5日が支払日になります。
返済日を15日に設定すると、1日から末日までの借入は翌月15日になり、25日に設定すると1日から9日まで借り入れたお金は翌月の25日、10日から末日の間で借入れすると翌々月の25日になります。

モビットの場合、アイフルと違うのはアイフルは返済日の10日以前に返済をすると、このお金は前月の繰り上げ返済になり、当月もう一度返済日に入金することになりますが、モビットは支払日までに入金したお金はすべて当月の返済に充当されるので、次の返済日は翌々月に繰り延べされるといったちがいがあります。

コメントは受け付けていません。