イボコロリは首のイボにも使える?

イボコロリとは、魚の目やタコ、イボを取り除くための治療薬です。イボコロリにはサリチル酸という有効成分が配合されています。サリチル酸には皮膚の角質を軟化させる角質溶解軟化作用があります。イボコロリを患部(魚の目、タコ、イボ)に塗布すると、まず皮膚角質が腐食します。その後、薬が浸透した幹部の下では新たな皮膚を再生しようと細胞分裂が始まるので、患部を取り除くことができます。
イボは皮膚から盛り上がっている小さなできもののことを言います。イボには大きく分けて2つの種類があり、1つはウイルス感染により発生するイボです。これはウイルス性疣贅とも呼ばれるもので、ヒトパピローマウイルスが小さな傷などから皮膚に入り込み感染して起こります。もう1つは、肌の老化現象によって発生するイボです。これは老人性疣贅とも呼ばれるもので、皮膚が老化することによって自然に発生します。良性の腫瘍のため、放っておいても健康上問題はありません。
首のイボはウイルス性のイボではなく、肌の老化が原因でできるイボです。イボコロリは、肌の老化が原因でできるイボには効果がないとされているので、首のイボに塗ってもイボをとることはできません。また、イボコロリは首などの皮膚の柔らかい部分には使用してはいけないと明記されており、首のイボに使用することは避けた方がよさそうです。本来イボコロリは硬い足の裏などに使うためのものですから、首のイボのようなデリケートな部分に使うには強すぎる薬です。

コメントは受け付けていません。